矢印代わりのダイエット食品
矢印代わりのダイエット食品
ホーム > エイジングケア化粧品 > エイジングケア化粧品を宣伝するにはシワ無しのほうが?

エイジングケア化粧品を宣伝するにはシワ無しのほうが?

「そのシワもかっこいい」的なCMをみかけたのですが、確かに経験を積んでいい人生を歩んでいる人のシワって、いままでの歴史って感じがしてシワにも味があると思います。でもそのCMに言いたいのは、シワがかっこいいといいつつ、出ている人はみんなシワができないような笑い方をしてるじゃないかということです。キメ顔の笑顔がずっと張り付いているじゃないかと。くるくる表情が変わって、笑ったらシワができて、というのを見たいのですが。結局、シワは見せたくないということなんじゃないかな、と思ってしまいます。そういうコンセプトのCMです、と事前に聞いていても、長年のお手入れや鏡の前でのキメ顔作りの習慣が出てしまったのでしょうか。エイジングケア化粧品だからあまりシワがあっても、という配慮があったのでしょうか。

 

エイジングケア化粧品宣伝にはシワがないほうが・・・

 

勉強にしても生活態度にしても、押しつけってよろしくないですよね。本人が考えて、動かないと、結局最初だけで続かないんですよね。自分が納得してからが本当のスタートなんですよね。シワや年齢をかっこいいと思える人もいれば、そうでないという人もいますし、年齢に逆らうのはよくないという考え方の人だっていますからね。固まった考え方を崩せたらいいんですけど。